さかなのはなし

この魚どんな魚? どこにいるんだろ? どうやって釣るの? 美味しいの? 食べ方は?

なめろう

今が旬の魚、イサキを釣りに行ってきた友人から
でっぷり太って、脂ののったものをいただいた。

サシミにして、塩焼きにして・・・
この時期のイサキは、本当にうまい。

しかし、意外と知られていない食べ方に”なめろう”がある。

一般的には、アジやイワシなどの青さかなで作るのだが、
イサキで作ると、これが舌触りといい、味といい、最高に旨い!

作り方は
・3枚に下ろした身を細かく切って、まず包丁でたたく
 どんどんたたく。
・細かく切ったネギを好みの量混ぜる。
・これも好みの量の味噌を混ぜる。
・混ぜたら、また、たたく。包丁で混ぜながら、ひたすらたたく。
・最後に、少量の醤油と酒をたらして、たたく。

アジやイワシの場合は、生姜を入れるが、イサキの場合は入れない方が
旨いと思う。

酒のつまみ、ご飯のおかずに最高。

今が旬の  イサキを釣って、   大好きな料理なめろう   での一杯は、本当に至福の時です。

シーバス

シーバス
最近、良く耳にする魚の呼び方。
スズキ、鱸のこと。

ルアーを使ったゲームフィッシングで、鱸を釣ると呼び方がスズキからシーバスってことになる。

この時期はバチ抜けの季節で、スズキもそれを食べているからルアーもソフトルアーの方が良くヒットする。
バチ抜けとは、ゴカイやイソメ類が産卵のために砂地から抜け出てくる事で、水面に無数のゴカイやイソメが泳いでいる状態。

そういえば・・
去年の夏、秋田の雄物川の河口で、シーバスを釣っていたときの事。
雄物川の河口は、シーバスの第一級ポイントとして全国的に知られているため、
その日も釣り人達の車ナンバーは、湘南、京都、品川など遠征組。

各自が、思い入れのルアーをさかんにキャストしてシーバスのヒットを誘っていたときのこと・・・・・・

地元のオジサンが、軽トラックにぶっとい投げ竿を積んでやってきた。

かと思うとおそらく20号位のナス型オモリに数本のいかり針を付けただけの仕掛けを大遠投しだす
オリャー!!と投げると、すかさず、ホレェー、ホレェー、とアオリながら巻いてくる。

数分後

オッッシャー!の声に振り向くと・・
あのぶっとい竿が弓なり。
きっと、10号くらいあろう糸で強引に巻いている。

シーバス、いや!
スズキ独特のエラ荒いをしているのは、ゆうに90センチオバー、メーターあるかも知れない。

その後、たて続けに2本釣って、タバコをくわえてお休みしているオジサンを
シーバス釣りに来た、ルアーマンたちは、横目でみながら、ひたすらキャストを繰り返していました。

おかしな外道

今日は、今年初めての釣り。
最近では、最も多く行っているメジナ釣り。
毎年、12月〜2月は型の良いメジナが釣れていたのだが
今年は、ダメ!
水温のせいか、とにかく12月はまだ海が秋の頃のような様子だったし
今日は、春の海のようだった。
暖冬の影響か釣れてくるのは、真冬の魚では無い。
今日だって、ウキが一気に消しこみ・・・
よし!っとあわせるとかなりの引き
これは、サシミサイズのメジナだねって密かににんまりしていると
偏光グラスごしに見えた魚は、白っぽい
えっ?
もしかして・・
黒鯛!!
やった!

で 水面に顔をだしたのは、あの背びれとむなびれに毒のある
アイゴ




おっかなびっくり、ハリスをもって抜き上げる。
40センチの良い型なんだけど
これって冬場に釣れる? 夏の魚じゃなかったっけ?
-->>リンク

やっぱり、おかしい!

冬の海は、どうしちゃったんだろ?

ふぐ

毎年、この時期は年度末の忙しさでなかなか釣りに出かけられない。
カワハギもそろそろ終わりだなぁとか、
シロギスの大きいのが数上がっているなぁとか、
欲求不満のたまる時期。

そんな中、最近ショウサイフグを釣らせる船宿が増えて来たような気がする。
以前は、千葉の外房あたりで、独特なカットウ釣りという釣り方で釣らせていたのだが。

この、ショウサイフグは毒が少ないと思っている釣り人が結構いるようだ。
とんでもない話で、しっかり毒は持っている。
    →フグの毒

釣れたショウサイフグは、船宿の調理免許を持っている人にさばいてもらって
から持ち帰るようにしないと大変怖い事になってしまうので注意しなければならない。

自分で料理をして、たとえフグ毒にあたらなかったとしても
ショウサイフグをさばいた後、内臓、卵巣、皮などを捨てたとしたら
これは、犯罪とされる事もありうるようだ。

  カワハギの方が旨いし、釣りも面白いと思っているのだが・・・・なっ!



メゴチの話

白キスの釣りをしていると、必ず釣れてくるのがメゴチという魚。
船釣りでも投げ釣りでも釣れて来る、 
そして
ほとんどの場合、嫌われてしまう。
まず、姿形が醜い。 
それに体からヌルヌルと言うよりネバネバした液を分泌していて、触ろうものならひどい目にあう。

megoti.jpg


だが、天ぷらのネタとしては、相当旨い。

釣りをしていて、メゴチが釣れて来ると
この魚は、”キスよりよっぽど旨いんだぞ”なんて事も言われている。
好みにもよって意見が分かれるところだろうが、要は旨い魚なんだから
そんなに嫌うなよって事だろう。

ネバネバの体もちょっとしたコツが分かれば、簡単にさばける。
メゴチのさばき方

ときめき魚ランドで検索される魚のさばき方の一番は、このメゴチで二番がカワハギとなっている。

私は、これが釣れると現地で、さばいて持ち帰ることにしている。

 | HOME |  »

Appendix

sakana

sakana

食べるのも、釣るのも、見るのも
とにかくさかなが大好きです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

リンク

POWERED BY DTI ブログ