さかなのはなし

この魚どんな魚? どこにいるんだろ? どうやって釣るの? 美味しいの? 食べ方は?

名人

むかし・むかし・・・ もう30年も前の話ですが
三浦半島の佐島に勝蔵さんという、当時80歳近い船頭さんがいました。
ミヨシにふたり胴の間にふたりの4人ものれば一杯になるような小さな船で仕立てをやっていました。
釣り物は、キスとカワハギ専門。
秋からのシーズンにカワハギをよくお願いしていたんです。

当時(今もですが)、カワハギ釣りには力が入っていて、リールはアブの2500C竿はケミ鯨、ハリスは硬めの3号、針はなんとかで、餌さのアサリは水管から針を入れて中でまわしてなんていろいろ大変でした。

そんな状況をいつもニコニコしてみている勝蔵さんでした。
沖に出て釣っていると勝蔵さん、ナイロンの20号くらいの糸を左手にもって、右手で操船です。
もちろん魚探なんてありませんから周りのヤマをみての位置とりをしながらなんです、  で・・・釣るんです。 あのすぐに餌さを持って行ってしまうカワハギを操船しながら手釣りで。
「アサリのつけ方? ベロのとこにチョン掛けだよ」 「針? なんだろ?キスと同じだなぁー」 「竿? ひとさし指だべぇーはははっ」って

帰りのクーラーボックスの中は、いつも半分以上は勝蔵さんにもらったカワハギでした。

私は、いまだに、リールは?竿は?えさのつけ方は?針は?ハリスは?アワセのタイミングは?を続けています。 でも釣れてくるカワハギは、勝蔵さんの半分にもならないでしょうな きっと。

たぶん勝蔵じいさん カワハギの仲間だったんじゃって思っています。

 | HOME | 

Appendix

sakana

sakana

食べるのも、釣るのも、見るのも
とにかくさかなが大好きです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

リンク

POWERED BY DTI ブログ