さかなのはなし

この魚どんな魚? どこにいるんだろ? どうやって釣るの? 美味しいの? 食べ方は?

釣り納め

2006年釣り納めに伊豆にメジナを釣りに行ってきた。

いつもの年ならこの時期は、木っ端メジナや餌さ取りがほとんど姿を見せないのだが、今年はやはり海が違うらしい。

コマセに水面が盛り上がるように木っ端が寄ってくる。
仕掛けを投入と同時に餌さを持って行く。

メジナ釣りは、自作の反転カゴウキを使って釣るのだが
急遽、ウキ下を3ヒロとったフカセ仕掛に変えて、コマセも少量にし底を狙ってみることにしたが・・・
やはり、釣れて来るのは、手のひらサイズばかり。
kago.jpg

<反転カゴウキ>

釣り宿の釣り果風に言えば   15〜30センチが63匹 と言ったところ。
ほとんどが25センチ以下で25センチを超えたのは5匹だけだった.

この5匹を持ち帰り正月用の刺身にした。
mejina.jpg


この釣りの醍醐味は、ウキが一気に消し込む時にあると思っている。
だから・・・とても楽しい釣り納めだった。
(竿が立たないような引きも醍醐味だが、それは次回にという事で)

正月の魚

今年もあとわずかになった。
毎年暮れも押詰まった30日に正月用の魚を釣りに出掛けている。

魚は、カワハギかメジナ。
たぶん、正月と言えばタイなのだろうけども・・・
釣れない事が多々あるので、縁起をかついで釣れる魚にしている訳だ。

今年は、メジナを釣りに行く予定。

この時期、最高に旨くなっている30センチ前後のメジナを狙ってみることにした。
メジナの刺身は釣りたてより一日置いた方が旨いので、ちょうど大晦日から元旦に旨い刺身で一杯出来る事になる。

焼いても旨い。
ただ、真っ黒な魚なので正月早々家族には評判が悪いが・・・

さて、今年の釣り納めはどうなるか?

ちなみに釣れた場合の正月料理は、
刺身・塩焼き・煮魚・カルパッチョとメジナづくしとなる。




なにか変では?

相模湾で釣りをして、もう40年近くなる。

正月明けからはイワシを餌さにしたメバル釣り 
春になるとのっこみのタイを狙ったり白キスを釣る。
初夏の頃はイサキ釣り。
8月からはワカシが群れて来て夏も終わりの頃になると大きくなったイナダでひきを楽しんだ。
11月になるとカワハギが深場に集まってきて釣れだす。

一年を通して、その季節での釣り物を楽しみに釣りに出掛けていたものだ。

でも、最近の状況は・・・

12月のこの時期でも、まだイナダが数釣れている。
8月〜9月に大量のカツオやメジマグロが湾内に入ってくる。
カワハギが、深場に落ちてこない。
等々。

相模湾の外側、伊豆諸島あたりを流れている暖かい潮が湾内にまで流れて来ているような気がする。

魚釣りの季節感が変わって来ているだけでは、済まされないような変化と心配をしているのだが・・・・

  -->リンク

釣りの苦い思い出2

東伊豆でメジナを釣っていた時の話。
テトラポットの上でカゴ釣りをしていた。
テトラポットには、コマセ用のバッカン、クーラーボックス、水汲みバケツ、タモ網、そして仕掛け等の入ったザックを並べて釣っていた。

その日は、どうも木っ端メジナばかりがコマセに寄ってきているので場所変えをしようとそれらの物を両手に持って移動を開始する。
いつもは、面倒でも何回かに分けて、片手はあいた状態でテトラポットの上を移動するのだが・・・
その時は、何故かめんどくさくて全てを持って移動。

テトラポットの穴をエイッとまたいだ瞬間、バランスが崩れた!
やばい!と思った時はもう体が後に傾いていて、そのままお尻からテトラポットの隙間にドスン!!

幸いに、本当に幸いに下にあったテトラポットの足が張り出ていて2メートルくらい落ちて止まったが、もし無ければ海まで行っていたろうか、または隙間に体が挟まれて出てこれなかったかも知れない。頭を打ったかも知れないし。

ただ・・落ちてから上を見ると。 クーラーボックスが残っていて傾いている。
おまけに蓋の留めかねが開いている・・・
ゆっくり、傾いていたクーラーボックスが落ちてきた!
それも中に入っていた海水と氷と何匹かのメジナを振りまきながら。

テトラポットの上の移動は、本当に気を付けましょう。
幸い、生臭い冷たい海水を頭からかぶっただけで済んだけども、少し間違えたら大変な事になっていたとゾッとします。

釣りの苦い思い出

住んでいるそばに境川と言う川がある。
河口が江ノ島のそばに流れ込んでいる川。
休みの日、遠出や船での釣りではなくて、ちょっと釣りでもの
時にハゼ釣りに良く行く所。
河口から、300メートルくらいの所で結構ハゼが釣れる。

その日もジャリメを300円買って、竿一本にバケツ片手にハゼ釣りに・・・

しかし。。

釣れてくるのは黒鯛。
といっても10センチくらいの関東ではチンチンというサイズ。
しかし、良く釣れる。 入れ食い!!
チンチン10にハゼ1の割合で釣れる。
もちろん、釣れては逃がすの繰り返しだが・・
中には、針を飲み込んでしまい持ち帰りも出てくる。

結局、3時間位釣って、ハゼ10匹程度にチンチン20匹位を持ち帰り
天ぷらにすることにした。

家に帰って、さばいているとテレビのニュースで

”本日、江ノ島で地元の小学生が黒鯛の子供を放流しました・・・”

うっ!! まずい!!

知らなかったとは言え、これはまずい!

ひたすら、ごめんなさい!と唱えつつ チンチンの天ぷらを食べました。
味は、美味しかったけど・・・です。

 | HOME |  »

Appendix

sakana

sakana

食べるのも、釣るのも、見るのも
とにかくさかなが大好きです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2006-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

リンク

POWERED BY DTI ブログ