さかなのはなし

この魚どんな魚? どこにいるんだろ? どうやって釣るの? 美味しいの? 食べ方は?

ふぐ

毎年、この時期は年度末の忙しさでなかなか釣りに出かけられない。
カワハギもそろそろ終わりだなぁとか、
シロギスの大きいのが数上がっているなぁとか、
欲求不満のたまる時期。

そんな中、最近ショウサイフグを釣らせる船宿が増えて来たような気がする。
以前は、千葉の外房あたりで、独特なカットウ釣りという釣り方で釣らせていたのだが。

この、ショウサイフグは毒が少ないと思っている釣り人が結構いるようだ。
とんでもない話で、しっかり毒は持っている。
    →フグの毒

釣れたショウサイフグは、船宿の調理免許を持っている人にさばいてもらって
から持ち帰るようにしないと大変怖い事になってしまうので注意しなければならない。

自分で料理をして、たとえフグ毒にあたらなかったとしても
ショウサイフグをさばいた後、内臓、卵巣、皮などを捨てたとしたら
これは、犯罪とされる事もありうるようだ。

  カワハギの方が旨いし、釣りも面白いと思っているのだが・・・・なっ!



メゴチの話

白キスの釣りをしていると、必ず釣れてくるのがメゴチという魚。
船釣りでも投げ釣りでも釣れて来る、 
そして
ほとんどの場合、嫌われてしまう。
まず、姿形が醜い。 
それに体からヌルヌルと言うよりネバネバした液を分泌していて、触ろうものならひどい目にあう。

megoti.jpg


だが、天ぷらのネタとしては、相当旨い。

釣りをしていて、メゴチが釣れて来ると
この魚は、”キスよりよっぽど旨いんだぞ”なんて事も言われている。
好みにもよって意見が分かれるところだろうが、要は旨い魚なんだから
そんなに嫌うなよって事だろう。

ネバネバの体もちょっとしたコツが分かれば、簡単にさばける。
メゴチのさばき方

ときめき魚ランドで検索される魚のさばき方の一番は、このメゴチで二番がカワハギとなっている。

私は、これが釣れると現地で、さばいて持ち帰ることにしている。

白子の天ぷら

今日は、遅ればせながら浅草の浅草寺で初詣

浅草と言えば天丼という事で老舗の店で昼食となった。

ここで食べた天丼に乗っていた白子の天ぷらが
本当に旨かった!
シットリとしてコクがあって、衣のサクサク感との調和が最高!

たぶん、真鱈の白子だと思うので、
さっそく作り方を調べてみた。

新鮮な真鱈の白子は、なかなか手に入らないが
ぜひ、挑戦してみようと思っている。
   −>リンク

ちなみに他の素材は、
  江戸前のキス、メゴチ、柴エビ でこれもまた旨い!

カワハギの話

釣っても、食べても、好きな魚はカワハギ。

カワハギは名前の通り、表面の皮がウロコと一体化していて簡単に剥ける。
剥いだ皮を乾燥させると、ワサビ下ろしにしたり、昔はサンドペーパーの代用品にしていたとか。

顔つきは愛嬌があり、泳ぎ方も海中に漂っているようで、いたってのんびりしているように見える。

しかし、怒って頭の上にある角を立てるとかなり怖い存在のようだ。
 そのため、いかにのんびりしていても大型のカサゴなど肉食魚からエサにされる事はほとんど無い。

カワハギの天敵は、釣り人かもしれない。
 しかし、この敵にもうまく対処している。

背びれとむなびれをうまく動かして縦に泳ぐことが出来る。
釣り針に付いたエサを上下に同じ動きをしながら食べるので、 
釣り人は、竿先に当たりを感じないうちにエサを取られてしまう訳だ。

これが、たまらなく面白い!
なんとか、釣り上げてやろうといろいろ工夫をする
これが、うまくはまって釣り上げたときは最高の気分になる。

たぶん、同じ大きさの魚なら・・
カワハギが一番引くのではないかと思う。
この魚、最後まで釣り人をだまそうとする。
針に掛けて、巻いてくると・・
途中で、必ずと言っていいほどフッっと軽くなる。
あっ!ばらしたっ!と思って油断したとたんにまた強烈なたたくような引きをするのである。
この、やり取りもたまらない。

そして、釣り上げたカワハギを
薄作りにして、パンパンに張った肝をあえて食べるのである。

これぞ、至福の時。

 | HOME | 

Appendix

sakana

sakana

食べるのも、釣るのも、見るのも
とにかくさかなが大好きです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

Calendar

« | 2007-01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

リンク

POWERED BY DTI ブログ